【2023】妊活プロテイン徹底比較 | 妊活プロテイン motocul

【2023】妊活プロテイン徹底比較

妊活用プロテインおすすめランキング

この記事は第三者の監修を受けています。

motocul-ishi

竹中美恵子 先生(小児科医/小児慢性特定疾患指定医/難病指定医)

女医によるファミリークリニック」院長。
2009年、金沢医科大学医学部医学科を卒業。広島市立広島市民病院小児科などで勤務した後、自らの子育て経験を生かし、「女医によるファミリークリニック」(広島市南区)を開業。産後の女医のみの、タイムシェアワーキングで運営する先進的な取り組みで注目を集める。 日本小児科学会、日本小児皮膚科学会、日本周産期新生児医学会、日本小児神経学会、日本リウマチ学会などに所属。

  • 妊活をはじめたけど何からはじめたらいいの?
  • 妊活って病院に行かないといけないのかな・・・
  • 葉酸以外にどんな栄養を摂ればいいか分からない
  • 妊活をしているのにうまくいかない

そんな夫婦には「妊活プロテイン」がおすすめです。
妊活や不妊治療の基本は栄養バランスの取れた食事ですが
妊活プロテインには、良質なタンパク質だけでなく、葉酸やビタミンや亜鉛などをバランス良く配合しているからです。

ここでは妊活用のプロテインの選び方についてご説明し、人気のある主な商品について実際に飲んで味や成分を比較していきます。

妊活中の女性や妊活夫婦におすすめの人気商品を比較

まずは特に人気のある4商品について、成分を比較しました

motoculモトクル homtechオムテック primomプリマム ichikaイチカ
チョコレート
ほうじ茶
チョコレート ミックスベリー バニラ
こんな方におすすめ
  • 安心できる素材のものを選びたい
  • 美味しく、手軽に栄養補給をしたい
  • ストレスなく妊活をしたい
  • 夫婦揃って妊活したい
  • 男性で妊活を始めたい方
  • 男性のコンディションを整えたい
  • 大豆アレルギーの方
  • 安く手軽に栄養をとりたい
  • 甘い物より酸味が好きな方
  • 大豆アレルギーの方
  • 甘い味がお好みの方
  • 大豆アレルギーの方
内容量
280g
(14食分)
750g
(約30食)
600g
(30食)
500g
(約17食)
希望小売価格(税込)
4,320円
今なら3,450円
5,994円 6,910円 7,980円
価格(1食分)
246円〜308円 約200円 230円 約406円
タンパク質の原料

大豆
(国内製造)

えんどう豆
(ベルギー製造)

ホエイ
(アメリカ製造)

えんどう豆
(製造国記載無し)
タンパク質
12.9g 10g 12.4g 5.46g
葉酸
600㎍ 240㎍ 806㎍ 配合有
(配合量記載無し)
葉酸の種類
モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸) モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸) モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸) 記載なし
カロリー
69.4kcal 99.0kcal 73.0kcal 77.92kcal
ビタミン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
亜鉛
10.0㎎ 30㎎ 8.0㎎ 配合有
(配合量記載無し)
9.0㎎ 0㎎ 11.6㎎ 0㎎
カルシウム
650㎎ 0㎎ 195㎎ 0㎎
マグネシウム
371㎎ 0㎎ 192㎎ 0㎎
甘味料
植物性甘味料 植物性甘味料・砂糖 植物性甘味料 植物性甘味料・果糖・ぶどう糖
香料
使用 使用 使用 使用
保存料
不使用 不使用 不使用 不使用
増粘剤
不使用 使用 使用 不使用
栄養素の製造国
表記有り 一部表記 一部表記 一部表記

栄養成分は各商品の1食あたりの配合量

モトクルはチョコレート味の配合量

妊活用プロテインと普通のプロテインの違いとは?

「妊活プロテイン」とはその名の通り妊活用に作られているプロテインです。主に20代~40代の妊娠を望む男女が対象になっています。

一般的な大人用プロテインとの違いは、大人用プロテインは「筋肉をつける」ことが目的であるのに対し、妊活プロテインは「妊娠前、妊娠初期の栄養補給」を目的とした総合的な栄養補助食品であるところです。

motocul grown-up
妊活中・妊娠中の
栄養補助
使用目的 筋トレ
ダイエット
少なめ タンパク質 多い
多い 葉酸 なし
多い ビタミン なし~多い
多い カルシウム なし
多い 亜鉛 なし
多い 鉄分 なし
不使用 人工甘味料 あり

1食あたりのたんぱく質は、男性で筋力アップを目的としている人との違いが考慮されて少なめです。

一方で、妊活中や妊娠中の方に人気の葉酸や亜鉛、カルシウムなどは多く配合されています。
妊活中だけでなく、妊娠中や産後の授乳にも必要なカルシウムも多く配合されているものもあります。

また、ビタミンB群ビタミンDも多く配合されています。

妊活中だけでなく、妊娠中、産後の授乳期にも必要なカルシウムも多く配合されているものもあります。
またメーカーによっては、妊活中の夫婦の健康を考慮して人工甘味料や果糖、ぶどう糖が不使用のものもあります。

妊活用プロテインを選ぶ際のポイント

妊活プロテインはどれがいいか選ぶ際には、以下のポイントをチェックしてみましょう。

ポイント1:たんぱく質の種類と量

protein-section3-01

人の体の60~70%は水分というのは有名ですが、実はタンパク質も体の20%近くになります。
タンパク質は男女に必要な栄養になっています。
タンパク質は身体の基本となる栄養素なので、妊活中、妊娠中は多めに摂取することがおすすめだと言われています。

このタンパク質の種類には動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。
動物性タンパク質では牛乳由来のホエイプロテインカゼインプロテイン、植物性タンパク質では大豆(ソイ)プロテインが代表的なものとして挙げられます。
最近では植物性たんぱく質のピープロテイン(えんどう豆)も注目されはじめています。

<各たんぱく質の特徴>

  • ホエイプロテイン:吸収が速い。筋トレをする方や運動後におすすめ。
  • カゼインプロテイン:吸収がゆっくり。寝る前の栄養補給によいとされるが、十分な科学的根拠はない。
  • ピープロテイン:吸収が速い。アレルギー体質の方におすすめ。環境にも優しい。
  • 大豆プロテイン:吸収がゆっくり。アミノ酸スコアが優秀。女性にとって嬉しい働きをするので妊活中におすすめ。

ポイント2:葉酸と一緒に接収すると良い栄養素

protein-section3-02

妊活中に必要な栄養素の定番が葉酸です。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」でも妊娠を計画している、あるいは妊娠している女性は、通常時の1日の摂取量に追加で摂取することが推奨されています。

葉酸は妊娠前、妊娠初期に特に必要な栄養素と言われています。
また葉酸だけでなく、ビタミン類や亜鉛とバランスよくとることが大切です。
葉酸の吸収と代謝には亜鉛、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12の5つの栄養素が深く関わっており、これらの栄養素を同時に摂取することで、体内で葉酸を上手く働かせることができます。

妊娠中に葉酸を摂取することが良いと分かっています。

「日本人の食事摂取基準」における葉酸と亜鉛の推奨量は以下になります。

 
妊娠を計画している女性・妊娠初期の女性 / 男性
年齢・性別 葉酸 亜鉛
18歳~49歳(女性) 640㎍ / 日 10㎎ / 日
18歳~49歳(男性) 240㎍ / 日 11㎎ / 日

ポイント3:人工甘味料などの添加物

protein-section3-03

トレーニングに用いられるプロテインは基本的に美味しく飲めるよう、甘味料が使われており、砂糖であったり人工甘味料が含まれています。

主な人工甘味料としてはアスパルテームやアセスルファムK、スクラロースがあります。これらの甘味料は砂糖と比べ非常に甘味が強いのが特徴で、カロリーを低く抑えることができます。

しかし、この人工甘味料には安全性を不安視する報告もよく聞かれます。妊活中には「できるだけ自然に近いものがいい」ということであれば、ステビアなどの植物性甘味料などを使っているものを選ぶといいでしょう。

protein-section3-04

ステビアはあまり聞き慣れない名前かと思いますが、WHO(世界保険機関)をはじめ世界で安全性が認めれている甘味料です。
人間において長い食経験がある「既存添加物(天然添加物)」として日本でも使用が許可されています。

砂糖や果糖はカロリーが高いことと、比較的に虫歯の原因になりやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

ポイント4:亜鉛

protein-section3-05

亜鉛は数百にもおよぶ酵素タンパク質の構成要素として、さまざまな生体内の反応に関与しています

亜鉛は妊活中の男性にとって活力の源でもあります。

protein-section3-06

女性の場合も、亜鉛が不足すると妊活に大切な身体の調子に様々な影響があると言われています。

亜鉛は男性だけでなく、女性も摂っておきたい栄養素ですね。

こんなプロテインやサプリには要注意!

ビタミンAの過剰摂取には注意が必要?

妊活中にはビタミンAも摂る必要がありますが、ビタミンAの過剰摂取は妊娠初期に問題を引き起こす原因になるので注意です。
妊活中の方が商品を選ぶ際はビタミンAの代わりにβ-カロテンが入っている商品の方がおすすめです。
β-カロテンはとても優秀な栄養素で体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので過剰摂取の心配がありませんので、安心して摂取できますね。

食品安全委員会: ビタミンAの過剰摂取による影響

ちゃんと表記されていますか?

こんな商品に注意

  • 「栄養素〇〇種類たっぷり配合」
  • 「含有量の記載がない」
  • 「栄養素グラフ等の横に小さく ※1日の1/3量です」

サプリやプロテインにおいて「〇〇や▢▢など何種類もたっぷり配合」と謳っていながら、実際にはほとんど配合されていない場合があります。

妊活中の栄養補給のためのプロテインやサプリを選ぶ場合には含有量がしっかり記載されているものを選ぶことを意識しましょう。

妊活中には良質なタンパク質が大事な理由

妊活中には良質なタンパク質や亜鉛、ビタミンといった栄養素をバランスよくとることが大切です。良質なタンパク質とは、たんぱく質の種類だけに注目するのではなく、ヒトの体内で作れない「必須アミノ酸」がバランスよく含まれていることをいいます。
「アミノ酸スコア100」という言葉で聞いたことがある人もいるかもしれませんね。必須アミノ酸はどれか1つでも欠けていると、十分に活用することができないのです。妊活プロテイン モトクル 妊活におすすめこの良質なタンパク質(必須アミノ酸)を効率よく補給できるのがプロテインです。

妊活プロテインのおすすめランキング

ここからは実際に使用してみたおすすめの妊活プロテインをご紹介します!

妊活プロテイン モトクル

protein-section5-01

内容量 チョコレート味:280g
ほうじ茶味:294g
販売価格 4,320円
初回20%OFF 3,450円(税込)
1食あたり 246円~308円
カロリー 69.4kcal
炭水化物 2.2g
たんぱく質 12.9g(大豆)
葉酸 600㎍
ビタミンB群 ビタミンB1:1.1㎎
ビタミンB2:1.5㎎
ビタミンB6:1.3㎎
ビタミンB12 :2.8㎍
亜鉛 10.0㎎
カルシウムと吸収サポート成分 カルシウム:650㎎
マグネシウム:371㎎
ビタミンD:8.5㎍
アミノ酸スコア 100
その他の成分 ビタミンC:110㎎
ビタミンE:6.5㎎
β-カロテン:8,400㎍
ナイアシン:12㎎
パントテン酸:5.0㎎
甘味料 植物性甘味料
(ステビア)
その他の添加物 乳化剤
香料

開発者自身が不妊治療中に開発した植物性の妊活プロテイン

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020」を基に各種栄養素がバランスよく配合されており、葉酸 600㎍、亜鉛 10.0mgも配合されていますので、妊活中の夫婦に一番おすすめのプロテインです。

protein-section5-09

たんぱく質原料には国内製造の大豆プロテインのみを使用していて、砂糖不使用なので1食あたり69.4kcalで今回ご紹介した中で一番低カロリー。
「プロテインは太るのが心配」という方もいますが、これならカロリーのとりすぎも気になりませんし、食事や間食の置き換えにもおすすめです。

今回、紹介しているプロテインでは唯一の個包装で、計量不要なのは嬉しいポイントですね。
大豆なので水や豆乳に溶かせば、乳アレルギーの方でも飲めますね。

フレーバーはチョコレート味ほうじ茶味の2種類
甘い物が好きな方はチョコレート味、甘さ控えめが好きな方には香り高いほうじ茶味がおすすめです。

どちらの味も植物性甘味料で味付けされていて、人工甘味料が気になる方や甘すぎるプロテインが苦手な方には特におすすめです。

水で溶かすと薄味なので、牛乳や豆乳、アーモンドミルクで溶かすとよいでしょう。
大豆プロテインは粉っぽいものが多いのですが、こちらはあまり気になりません。
味が2種類あるので「味に飽きた」となりにくいので、続けやすいところもメリットといえます。

protein-section5-02

原材料を見てみると、人工甘味料や合成着色料が使われていません。
ビタミンAの代わりにβ-カロテンを使用しているので、過剰摂取の心配もありませんね。

大豆たんぱく質にもしっかり「国内製造」と記載があります。
中国製やアメリカ製のプロテイン原料を使っているメーカーも多いですが、これなら妊活中に飲んでも安心ですね。

妊活プロテイン モトクルのクチコミ

公式サイトを見る

男性妊活プロテイン オムテック

protein-section5-03

内容量 チョコレート味:750g
販売価格 5,994円(税込)
1食あたり 200円
カロリー 69.4kcal
炭水化物 9.8g
たんぱく質 10.0g
葉酸 240㎍
ビタミンB群 ビタミンB1:2.0㎎
ビタミンB2:2.0㎎
ビタミンB6:2.0㎎
ビタミンB12 :0㎍
亜鉛 30.0㎎
カルシウムと吸収サポート成分 カルシウム:0㎎
マグネシウム:0㎎
ビタミンD:0㎎
アミノ酸スコア
その他の成分 ビタミンC:200㎎
ビタミンE:35.0㎎
β-カロテン:0mg
ナイアシン:0㎎
パントテン酸:0㎎
甘味料 植物性甘味料
(ステビア)
その他の添加物 乳化剤
香料
ヘマトコッカス藻色素

育毛剤で有名なスカルプDを販売するアンファーが展開する男性妊活に特化したプロテインが「オムテック」です。
亜鉛が30.0㎎としっかり配合されており、ビタミンB群やビタミンCなども配合されています。

protein-section5-12

オムテックの妊活プロテインに含まれているタンパク質原料は、「ピープロテイン」とうえんどう豆由来のタンパク質で、1食あたり10.0g含まれています。

味はチョコレート味となっています。推奨されている水と牛乳をそれぞれ溶かしてみました。

味についてはピープロテイン独特のクセがあります。水だと薄味でピープロテインのクセが際立つので、牛乳の方が飲みやすいです。オムテックにはカルシウムやビタミンAが入っていないので、牛乳の方が栄養素が多く摂れていいですね。
男性をイメージして作っただけあって、男性妊活にはおすすめですね。

protein-section5-04

販売サイトを見る

プリマム 妊活プロテイン

protein-section5-05

内容量 ミックスベリー味:600g
販売価格 6,910円(税込)
1食あたり 230円
カロリー 73.0kcal
炭水化物 4.3g
たんぱく質 12.4g
葉酸 806㎍
ビタミンB群 ビタミンB1:1.6㎎
ビタミンB2:1.0㎎
ビタミンB6:1.1㎎
ビタミンB12 :2.0㎍
亜鉛 8.0㎎a
カルシウムと吸収サポート成分 カルシウム:195㎎
マグネシウム:192㎎
ビタミンD:7.8㎍
アミノ酸スコア
その他の成分 ビタミンC:77㎎
ビタミンE:4.4㎎
β-カロテン:0mg
ナイアシン:9.0㎎
パントテン酸:4.4㎎
甘味料 植物性甘味料
(ステビア)
その他の添加物 乳化剤
香料
ヘマトコッカス藻色素

プリマム妊活プロテインは葉酸が1食あたり806㎍と最も豊富に含まれています。各種ビタミン類も多めです。
β-カロテンが含まれておらず、ビタミンAが含まれています。

protein-section5-10

タンパク質にはホエイが使われているので、乳アレルギーの方は注意しましょう。

味はミックスベリー味の1種類です。ミックスベリー味を推奨されている牛乳に溶かしてみました。

さっぱりとした味わいで、ベリーの酸味がも感じられて飲みやすいです。水だと甘酸っぱいけれど薄味で少し飲みにくいかもしれません。

protein-section5-6

原材料を見てみると、甘味料には人工甘味料が使われておらず、植物由来の甘味料のステビアが使われています。
その分、ベリーの酸味感を出すためか酸味料が使われているのが少し気になる点です。
甘い物が苦手でさっぱりした飲みやすさを重視したい方にはおすすめです。

販売サイトを見る

ICHIKA 妊活プロテイン

protein-section5-07

内容量 バニラ味:500g
販売価格 7,980円(税込)
1食あたり 406円
カロリー 77.92kcal
炭水化物 21.81g
たんぱく質 5.4g
葉酸 配合有(配合量記載無し)
ビタミンB群 ビタミンB1:配合有(配合量記載無し)
ビタミンB2:配合有(配合量記載無し)
ビタミンB6:配合有(配合量記載無し)
ビタミンB12 :配合有(配合量記載無し)
亜鉛 配合有(配合量記載無し)
カルシウムと吸収サポート成分 カルシウム:配合有(配合量記載無し)
マグネシウム:00mg
ビタミンD:配合有(配合量記載無し)
アミノ酸スコア
その他の成分 ビタミンC:配合有(配合量記載無し)
ビタミンE:配合有(配合量記載無し)
β-カロテン:0mg
ナイアシン:配合有(配合量記載無し)
パントテン酸:配合有(配合量記載無し)
甘味料 植物性甘味料(ステビア)
果糖・ぶどう糖
その他の添加物 乳化剤
香料

イチカ妊活プロテインは栄養素全般で配合量が記載されていないのが気になりますが、プロテインには珍しく植物性乳酸菌も配合しているようです。
プロテイン製品ですが、たんぱく質の配合量よりも難消化性デキストリンが多いです。
β-カロテンが含まれておらず、ビタミンAが含まれています。

protein-section5-11

イチカの妊活プロテインに含まれているタンパク質原料は「えんどう豆たんぱく」が使われていて、アレルギーの心配はなさそうですが、1食あたりの含有量が5.46gと少なめの配合となっています。

味はバニラ味の1種類です。推奨されている水100ccに溶かして飲んでみました。

水で割っても十分な甘さを感じます。甘味料には果糖やブドウ糖も使用しています。
それはしっかり甘くなるワケですね。

protein-section5-08

原材料を見てみると、タンパク質より難消化性デキストリンという植物デンプン由来の食物繊維が多く入っています。
全体的に栄養素の配合量の記載がないため、各種栄養素が配合はされてはいますが少し気になります。
甘いものが好きな方におすすめです。

販売サイトを見る

まとめ

一口にプロテインといっても、タンパク質の原料、カルシウム量、添加物など様々な違いがあるのが分かります。
妊活中は男女ともにとてもデリケートな時期で、妊娠前のとても重要な時期。
栄養成分や製造国、安全性も踏まえて、自分にぴったりなものを選びたいですね。

〔おすすめ〕

モトクル >

本記事内の口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです。

本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を選定・推奨している訳ではありません。